お下がりのやり取りは慎重に

あなたが親切心でママ友にあげているお下がり。

実は好みが違ったものの場合には、処分するわけにもいかずに、負担になってしまっていることもあります。

どうしても状態の良いものを沢山お下がりとして貰ってしまうと、お返しをしなくてはいけないと思ってしまいませんか?

特にブランド物の子供服の場合は、ちょっとしたものでも値段が高いために、ある程度のお返しをしなくてはと思ってしまいます。

通常であればサイズアウトしたものなので、お返しなんていらないと言った思いで、お下がりを渡しますが中には、お返しが欲しくてお下がりをくれる人もいました。

その為にママ友がどの様な人かしっかりと知ったうえで、お下がりを貰うか考える様にしましょう。

あなたの前ではお返しを要らないと言っていても、実は他の人の前では、せっかくお下がりをあげたのに何もくれなかったという風に、変な噂話を立てられてしまうという事があります。

最近、仲良くなったママ友からお下がりを貰うというのは、リスクが伴ってしまいます。

お下がりはすぐにサイズアウトしてしまうので、有難いですが貰う相手を間違えてしまうと、後で後悔することもあります。

あなたは深く考えずにお下がりを貰っていませんか?

このページの先頭へ