他の人の悪口は絶対に言わない

私の周りには人の悪口を言う事が趣味の人がいますが、実は誰と誰が知り合いかわからないために、他の人の悪口を言った相手が、その人の知り合いだったという事もあります。

私の周りでも実は同じ職場の同僚だった、高校生時代の同級生だったなど色々なつながりのある人も多く、知り合いの悪口を聞くというのは気分的にも良くありません。

知り合いではなくても、あなたが一緒に悪口を言ってしまっているのを他の母親が聞いたら印象は最悪で、「この人は平気で人の悪口を言う人なんだ」といった印象を与えてしまいます。

先にママ友が誰かの悪口を言ってあなたが悪口に加わる形で行っていたはずが、いつの間にかあなただけが悪口を言っていたという風になってしまう事もあります。

人のうわさ話や悪口が好きな母親は、表面上は付き合ってもらえるかもしれませんが、本当の意味でもママ友と言う存在の人は、出来ません。

悪口ばかりを言っている人を信用することができず、信用できない人と深い付き合いをしようとは思いませんよね。

私はママ友が誰かの悪口を言っていても、絶対に加担しないようにしています。

そこまで悪口を言ってだったら自分はどうなの?と思ってしまいます。

どうしても悪口を言いたくなったら、絶対に接点はないだろうと思ったママ友に、言う事をお勧めします。

このページの先頭へ