言い訳ばかりをしてしまわない事

あなたは、つい言い訳ばかりしてしまっていませんか?

例えば子供がしてはいけなかったり、言ってはいけない事をママ友の子供にしてしまったときに、言い訳ばかりをしてしまうと、次第に距離を置かれてしまいます。

どうしても子供同士のトラブルと言うものはつきものですが、我が子が悪いことをしたり言ってしまったのであれば、言い訳をするよりもまず謝罪をすることです。

ちょっとしたことでも我が子や自分の非を認めずに、言い訳ばかりしてしまうと、逆に相手のあなたに対する不信感が高まってしまい、関係を悪化させてしまう事があります。

私のママ友の中には我が子が何をしても、我が子が言う事をすべて信じてしまい、言い訳ばかりしてくる人がいますが、私からしてみると言い訳は聞きたくないんです。

言い訳をされても、「だから?」と思ってしまいます。

母親が言い訳ばかりをしている所の子供って、子供自身も言い訳ばかり言っているパターンが多いです。

特に子供同士の喧嘩は、子供自身が自分の都合が良いことばかりしか言わないために、こじれてしまいやすいので誰かほかの子供やママ友が見ていなかったか、我が子に聞いてみるのも良いかもしれません。

我が子がされてしまった側だったのに、逆に相手の子供は自分がされてしまった側だと、母親に嘘を言っていたこともありました。

このページの先頭へ